staff blog スタッフブログ

中身に合わせて箱もセレクト!実績一覧からご紹介☆

こんにちは!
暑い日が続いておりますね〜
外の景色を見ながらご飯を食べるのが好きなんですが、
いやはや日光が凄くて…
皆さんも熱中症には気をつけて水分補給をしっかり行ってくださいね!

さて皆さんは最近、人と会っていますか?
今年は何かと大変でリモートワークやらイベント中止やらで
なかなか人と会えていない方がほとんどではないでしょうか?
もしくは会社では会うけれども、
友人や家族とはなかなか…という方もいらっしゃるのでは?

悲しきかな……ウイルスによって人間関係がどんどん希薄になってしまう状況、
なんだか寂しくないですか??(´・ω・)

そこで!!
こんな時だからこそ相手にプレゼントを送ってみるのはいかがでしょうか☆?
加えてちょっとした特別感を出すために箱入りものを選んでみるのも
なかなか粋だと思いますよ〜

 

ということで今回は
弊社で作成してきた箱をマルッとおさらい紹介していこうかなと思います!

まずはこちら
『天空の城 ラピュタ』のリング用ボックス!

リングも可愛らしいですが、
箱の形も少し変わっていますよね〜
蓋とケースが一体になった形状をしているので、
プロポーズ時の箱をパカっと開くシーンが再現できますよ!
もちろん、箱の中でリングがずれたり傷つくことを防ぐために
きちんと中身もおつけしております(^^)

 

続いてこちら
『かすう工房』の桐箱!

実は箱は箱でも、紙だけじゃないんです
桐箱も取り扱っております!!
見た目の高級感は上がりますし、桐箱って利点も多くあるんですよ。
通気性と吸収性に優れている為、
梅雨の時期には中身へ湿気が侵入を防ぎ
乾燥時期には商品の蒸れを防ぐので虫やカビをも遮断します。
古くから現代まで受け継がれていくのは
やはり理由があるんですね〜(*´꒳`*)

 

ラストはこちら
『かんざし屋wargo』ギフト用ボックス!

よく見てください。
中身が見えるようにスリーブ部分にはプラスチックが取り付けられているんです!
単色ではありますが、どことなくステンドグラスのようですよね〜
ただ紙素材だけの物より一層華やかにプレゼントを彩ってくれますよ!

 

 

以上!
箱は箱でも、入れるものに合わせて選んでいくのは
渡す相手のことを思っての心遣いですよね╰(*´︶`*)╯

既存の箱、カスタム、ご相談に応じて
様々なものをご提案・製造させていただきます!
ジュエリー・アクセサリーボックスは
株式会社和心まで!!
お待ちしております(^^)


Posted by admin

物語を閉じ込めたオリジナルBOX☆OEMは和心で♡

こんばんは!カロです!!

つい最近年が明けたと思っていたのですが、もう三月末ですって・・・
時の流れの残酷さを、ひしひしと感じております・・・。

春の企業のイベントとしては、やはり一番大きいものは「入社式」、でしょうか?

かくいう弊社も来週頭に予定しております♪
初々しい新入社員の皆さんの前では頼れる先輩と思ってもらえるよう、頑張らねば!と気合が入ります><

個人的決意を固めたところで、本日のご紹介をさせていただきます!

過去の実績品から、ブック型のボックスをご紹介致します。

天面と背面にそれぞれ箔押しが可能な上、表紙の色も複数色の中からお選び頂くことが可能なのです・・・!!
手のひらサイズの本、かわいいですよね・・・!!

写真にあるこちらは、ゲームセンターで大好評稼働中のアーケードゲーム
『Wonderland Wars』
のアクセサリーを販売するときに使用したお箱です♪

童話がモチーフの作品なので、それに合わせて本の形の箱で制作しております。

和心では、商品イメージに合わせたオリジナルのボックス制作を承っております♪
お客様のイメージ、なんでもお聞かせください。
まずはお気軽にお問い合わせからどうぞ!!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
《問い合わせはこちら》
株式会社和心
Mail:produce-ml@wagokoro.co.jp
Tel:03-5785-3331
受付時間:10:30~19:30
※土日祝・夏季冬季休業中に頂戴いたしましたお問い合わせに関しては、
 翌営業日中のご対応となります。ご了承くださいませ。
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

新入社員だった頃のフレッシュさを取り戻したいと思う、カロでした・・・!!

また次回お会いしましょうっ!


Posted by admin

シックなプレゼントボックスはいかが?箱のOEMは和心で♡

こんにちは!カロです!

今日はバレンタインデー、ですね!
皆様は意中の相手に想いを告げたり・・・そんなキュンとするような一日になったのでしょうか・・・!

私は今年も変わらず社内の皆様に「いつもお世話になっています♡」の気持ちを込めたチョコ菓子を贈ってまいりました。
本命?いません!

悲しい気持ちをこらえつつ、本日のご紹介をさせていただきたいと思います!

〈リボン付きBOX〉

クールなブラックの箱に、シックなボルドーのリボンがなんとも素敵なボックスです♪
ペンダントやリング等、様々な用途でご利用いただけます。

このような仕様の場合、見返し(箱の内側のことです☆)に箔押しの加工も可能です!

なんといっても、やはり天面にあしらわれた大きなリボンがポイント!

リボンが掛かっていると「プレゼント感」がより一層増しますよね(ㆁωㆁ*)

ご自身の贈り物、はたまた大事な方へのプレゼントに!ご利用になるのはいかがでしょうか??

もちろん、弊社OEMではお箱のご手配も承っております!
是非お気軽にお問い合わせくださいませ♪

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
《問い合わせはこちら》
株式会社和心
Mail:produce-ml@wagokoro.co.jp
Tel:03-5785-3331
受付時間:10:30~19:30
※土日祝・夏季冬季休業中に頂戴いたしましたお問い合わせに関しては、
 翌営業日中のご対応となります。ご了承くださいませ。
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

お返しは10倍くらいでお願いしたいなぁ・・・と思っているカロでした٩(๑òωó๑)۶

また次回お会いしましょう!!


Posted by admin

楽器型ジュエリーボックスのOEMは和心で!!

皆様、こんばんは!Rです。
今、台風が接近中。風がどんどん強くなってきています。
無事に帰宅できれば良いのですが・・・。
本日は、楽器型ジュエリーボックスのご紹介です。

世界中には様々な音楽が溢れていますが、皆さんはどんな音楽がお好きですか?
クラシック、ジャズ、ポップス、ロック、アニソンetc・・・。
Rは、オペラやバレエ音楽、クラシックの他、ジャズ、シャンソン、タンゴ、ファドが大好きです。
ファドは、ポルトガルにコインブラファドとリスボンファドを聴き比べに行ったほどハマった時期がありました。
ポルトガルの伝統音楽ファドでは、ポルトガルギターという12弦のギターで演奏します。
実に哀愁漂う音色を聞かせてくれる楽器で、音を聞いただけで遠いポルトガルの地に連れて行ってもらえるような気分になるんですよ。
機会があったらぜひ聴いてみてくださね!

ギターつながりでポルトガルのお話になってしまいましたが、和心では楽器型のジュエリーボックスのOEMも承っております!
このギターケース型のジュエリーボックス、内側の色も変えられますし、ロゴやネームの色や配置も自由に変えることができます。
音楽関係のイベントや音楽が題材のアニメのオリジナルグッズにもぴったりだと思いませんか?
実はギター以外にもピアノ型も製作したことがあるのです!
ピアノの屋根が開くようになっていて、本物のピアノのように突き上げ棒で支えられるようになっているジュエリーボックスです。
クラシック音楽やピアニストさんのオリジナルグッズに採用していただけたら素敵だな・・・なんて思っています。
他の楽器のケースも製作してみたいので、楽器の形のジュエリーボックスを作りたい!という方は是非ご相談いただけたら嬉しいです!

☆お問い合わせはこちらから☆
OEMお問合せ窓口:03-5785-3331(平日午前10時~午後7時)
※お電話・メールでの土日・祝日頂いたお問い合わせに
関しましては、翌営業日以降に折り返させていただいております。


Posted by admin

桐箱のOEMは和心で!

皆さま、こんばんは!Rです。
本日は、桐箱のご紹介です。
和心OEM営業部では、桐箱のご注文も承っております。

木箱の中でも特に重宝される桐箱。
工芸品や茶道具、お線香やお数珠が納められているのも桐箱、赤ちゃんのへその緒なんかも桐箱に入れられていますよね?
和雑貨屋さんでもギフトボックスとして桐箱が用意されていたりします。
皆さんは、なぜ桐が使われていると思いますか?

かつて桐は、権力ととても強く結びついており、武士の時代には足利、織田、豊臣が桐紋を用いていました。
現在では日本国政府の紋章として用いられています。
そんな政権を担う者の印でもあった桐ですが、実は庶民にとっても大変身近で大切にされてきた樹木でもあります。
火に強く軽い木材である桐は、火事が多かった江戸時代には家財を守り、背負って持ち運べる箪笥として重宝されていましたし、農村では、女の子が生まれると桐を植えてその桐で箪笥を作り、嫁入り道具としていました。
万葉集や日本文学にも度々登場するところを見ると、四季折々に変化する桐は、文化人たちの琴線にも触れる樹木であったのでしょう。
最近では、桐の木を見ることはほとんどなくなってしまいましたが、今でも、高価な品物は、布に包んで桐箱に入れ、更に紙箱に入れ、それを風呂敷や包装紙で包みお渡ししたり保管したりと、桐箱で大切なものを守る文化は残っています。
そして、大切なものは何重にもして守るー。
話は少しそれますが、着物もお包みの文化に通じるのではと個人的には思っています。
夏のうだるような暑さの中でも、正装は首から上、手首から先しか晒しませんよね?
このように、大切なものを守る存在として古くから愛されてきた桐。
お友達から桐箱入りのプレゼントをいただくと、おっ!すごい!!高そう!!!と思ってしまうのは、古くから伝わってきたお包みの文化がDNAに染み付いているからかもしれません。

もし、化粧箱のリニューアル、桐箱の製作をお考えの企業様がいらっしゃましたら、是非一度お問い合わせください。
社名やロゴの焼印等も可能です。
お問い合わせお待ちしております!


Posted by admin

シルバーアクセサリー/デザイン・制作 株式会社和心

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積