staff blog スタッフブログ

シックなプレゼントボックスはいかが?箱のOEMは和心で♡

こんにちは!カロです!

今日はバレンタインデー、ですね!
皆様は意中の相手に想いを告げたり・・・そんなキュンとするような一日になったのでしょうか・・・!

私は今年も変わらず社内の皆様に「いつもお世話になっています♡」の気持ちを込めたチョコ菓子を贈ってまいりました。
本命?いません!

悲しい気持ちをこらえつつ、本日のご紹介をさせていただきたいと思います!

〈リボン付きBOX〉

クールなブラックの箱に、シックなボルドーのリボンがなんとも素敵なボックスです♪
ペンダントやリング等、様々な用途でご利用いただけます。

このような仕様の場合、見返し(箱の内側のことです☆)に箔押しの加工も可能です!

なんといっても、やはり天面にあしらわれた大きなリボンがポイント!

リボンが掛かっていると「プレゼント感」がより一層増しますよね(ㆁωㆁ*)

ご自身の贈り物、はたまた大事な方へのプレゼントに!ご利用になるのはいかがでしょうか??

もちろん、弊社OEMではお箱のご手配も承っております!
是非お気軽にお問い合わせくださいませ♪

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
《問い合わせはこちら》
株式会社和心
Mail:produce-ml@wagokoro.co.jp
Tel:03-5785-3331
受付時間:10:30~19:30
※土日祝・夏季冬季休業中に頂戴いたしましたお問い合わせに関しては、
 翌営業日中のご対応となります。ご了承くださいませ。
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

お返しは10倍くらいでお願いしたいなぁ・・・と思っているカロでした٩(๑òωó๑)۶

また次回お会いしましょう!!


Posted by admin

楽器型ジュエリーボックスのOEMは和心で!!

皆様、こんばんは!Rです。
今、台風が接近中。風がどんどん強くなってきています。
無事に帰宅できれば良いのですが・・・。
本日は、楽器型ジュエリーボックスのご紹介です。

世界中には様々な音楽が溢れていますが、皆さんはどんな音楽がお好きですか?
クラシック、ジャズ、ポップス、ロック、アニソンetc・・・。
Rは、オペラやバレエ音楽、クラシックの他、ジャズ、シャンソン、タンゴ、ファドが大好きです。
ファドは、ポルトガルにコインブラファドとリスボンファドを聴き比べに行ったほどハマった時期がありました。
ポルトガルの伝統音楽ファドでは、ポルトガルギターという12弦のギターで演奏します。
実に哀愁漂う音色を聞かせてくれる楽器で、音を聞いただけで遠いポルトガルの地に連れて行ってもらえるような気分になるんですよ。
機会があったらぜひ聴いてみてくださね!

ギターつながりでポルトガルのお話になってしまいましたが、和心では楽器型のジュエリーボックスのOEMも承っております!
このギターケース型のジュエリーボックス、内側の色も変えられますし、ロゴやネームの色や配置も自由に変えることができます。
音楽関係のイベントや音楽が題材のアニメのオリジナルグッズにもぴったりだと思いませんか?
実はギター以外にもピアノ型も製作したことがあるのです!
ピアノの屋根が開くようになっていて、本物のピアノのように突き上げ棒で支えられるようになっているジュエリーボックスです。
クラシック音楽やピアニストさんのオリジナルグッズに採用していただけたら素敵だな・・・なんて思っています。
他の楽器のケースも製作してみたいので、楽器の形のジュエリーボックスを作りたい!という方は是非ご相談いただけたら嬉しいです!

☆お問い合わせはこちらから☆
OEMお問合せ窓口:03-5785-3331(平日午前10時~午後7時)
※お電話・メールでの土日・祝日頂いたお問い合わせに
関しましては、翌営業日以降に折り返させていただいております。


Posted by admin

桐箱のOEMは和心で!

皆さま、こんばんは!Rです。
本日は、桐箱のご紹介です。
和心OEM営業部では、桐箱のご注文も承っております。

木箱の中でも特に重宝される桐箱。
工芸品や茶道具、お線香やお数珠が納められているのも桐箱、赤ちゃんのへその緒なんかも桐箱に入れられていますよね?
和雑貨屋さんでもギフトボックスとして桐箱が用意されていたりします。
皆さんは、なぜ桐が使われていると思いますか?

かつて桐は、権力ととても強く結びついており、武士の時代には足利、織田、豊臣が桐紋を用いていました。
現在では日本国政府の紋章として用いられています。
そんな政権を担う者の印でもあった桐ですが、実は庶民にとっても大変身近で大切にされてきた樹木でもあります。
火に強く軽い木材である桐は、火事が多かった江戸時代には家財を守り、背負って持ち運べる箪笥として重宝されていましたし、農村では、女の子が生まれると桐を植えてその桐で箪笥を作り、嫁入り道具としていました。
万葉集や日本文学にも度々登場するところを見ると、四季折々に変化する桐は、文化人たちの琴線にも触れる樹木であったのでしょう。
最近では、桐の木を見ることはほとんどなくなってしまいましたが、今でも、高価な品物は、布に包んで桐箱に入れ、更に紙箱に入れ、それを風呂敷や包装紙で包みお渡ししたり保管したりと、桐箱で大切なものを守る文化は残っています。
そして、大切なものは何重にもして守るー。
話は少しそれますが、着物もお包みの文化に通じるのではと個人的には思っています。
夏のうだるような暑さの中でも、正装は首から上、手首から先しか晒しませんよね?
このように、大切なものを守る存在として古くから愛されてきた桐。
お友達から桐箱入りのプレゼントをいただくと、おっ!すごい!!高そう!!!と思ってしまうのは、古くから伝わってきたお包みの文化がDNAに染み付いているからかもしれません。

もし、化粧箱のリニューアル、桐箱の製作をお考えの企業様がいらっしゃましたら、是非一度お問い合わせください。
社名やロゴの焼印等も可能です。
お問い合わせお待ちしております!


Posted by admin

バレンタインにもぴったり!本の形のオリジナルBOX!

こんにちは!Y.Yと申します。
☆Hey!ヽ(‘ー’#)/ Hello!☆

底冷えする日が続いております。
冬真っ盛りの時期なので仕方ないのですが、こう足元が冷える日が続くとつい春の陽気が恋しくなりますね。

1月も中旬に入りました。
もう皆様の周りは正月の空気も抜けてバレンタインの準備でしょうか?
恋人に贈り物を送る日として知られているバレンタインですが、「バレンタイン」の言葉の由来はローマ帝国時代に亡くなられた聖ウァレンティヌスだと言われていることはご存知ですか?
当時のローマでは兵士が婚約者を持つと士気が下がるという理由から兵士の婚姻を禁止していたそうです。
そこで兵士たちが結婚式を行うには周りに気がつかれないようにするしかなかったのですが、このとき支援してあげたのが聖ウァレンティヌスだったそうです。
しかしこの方は皇帝の命令に逆らったとして2/14に処刑されてしまいました。この亡くなられた日がバレンタインデーとされたそうです。

さて、お話もそこそこに本日も弊社の実績を紹介いたします。

虎の穴にて販売している東方projectオリジナルシルバーアクセサリーシリーズ「東方銀世界」シリーズ専用ボックスを作成。
箱は魔導書を型取り、全面に銀箔を施した高級仕様。
ネックレス・リング・ブレスレットなど様々な商品が入るように工夫されている。

質感にこだわったBOK型ボックスです!
雰囲気たっぷりのファンタジー系のアイテムにオススメですが、もちろんデザイン次第でいろんな雰囲気にアレンジ可能です。
表紙のデザインはもちろんお好みで版を作成いただけます。

ロット次第では一からオリジナルのお箱をお作りすることも可能!
まずは電話かメールにてご相談くださいませ。

OEMお問合せ窓口:03-5785-3331(平日午前10時~午後7時)
※お電話・メールでの土日・祝日頂いたお問い合わせに
関しましては、翌営業日以降に折り返させていただいております。
予めご了承ください。

それでは本日はこの辺で。
( ̄ー ̄)ノ◇”ハンカチフリフリバイバイ♪


Posted by admin

腕時計のケースを参考にラグジュアリーケースはいかがでしょうか。

皆様
こんばんは。年内も残すところあと僅か。
長いようで早い1年だったなぁと早くも感慨深い私ではございます。

クリスマス商戦のジュエリーケースも今月中旬には納品の兆し。
1年の中でもアクセサリーの需要が最も高い12月を目掛けて
有り難い事に9月、10月と多くの問合せを頂いた次第です。
その中には指定品番の色欠品などもありましたが、無事納品が出来そうです。

アクセサリーやジュエリーは喜ばしいプレゼントだったりするので
お仕事を通して皆様のお役にたてる事が嬉しくもあります。

さてさて余談はさておき、来年に向けて益々の成長を目指しているところであります。
製造業に携わる以上、自社及び自身の業務のみならず
世間ではどの様なものが作られているのかを調べるのも勉強。
ということで私生活ではあまり馴染みの少ない舶来品の時計ケースを調べてみました。

画像はSWISS製の時計メーカーの箱なのですが、第一印象として『大きい!!』です。
私が持っていた国内製の時計ケースと比べて1.5倍程でしょうか。

勿論、箱はアクセサリーやジュエリー、時計などを保管・梱包する脇役なのですが、
この脇役のインパクトが強いと中身の商品に対して一層期待をしてしまいますよね?!

外装のケースも取り出しやすいように1面切り離しにしてあったり、
ケース本体も蓋部分をはじめかなり厚めの仕様となっています。

貼り地は紙仕様と存じますが、シンプルなのに重厚感があります。
貼り合せについても重なる端部処理が非常に丁寧で凹凸感が少なく感じます。

内装については恐らくオリジナルの仕様と思いますが今回は割愛。

箱一つにしても実に奥が深いなぁとしみじみしている最中、思いのほか夜更けです。

最近は商品に合わせてケースの仕様も様々。規格品の上下を反転させて利用する仕様や
これまで接点の無かった異業種の方からの新企画おお問合せなど。

今回ご紹介のケースを参考にジュエリー・アクセサリー用の新規格作成に向けて工場調査中です。
もしご興味をお持ちになった際はお気軽に弊社までお問い合わせください。


Posted by admin

シルバーアクセサリー/デザイン・制作 株式会社和心

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積